【ユーキャンvsキャリカレvsたのまな】介護事務を勉強するならどれ?

tomeoffice

医療事務歴約20年、アラフォー1児のママで、元医療事務です。

整形外科で勤めていた時、介護事務を勉強。

面接受付担当も経験、陰の採用担当者でした!

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事は、介護事務の勉強をユーキャン・キャリカレ・たのまなのどれで勉強したら良いか?どう違うのか?の疑問を解消します。

記事の前半では『ユーキャンvsキャリカレvsたのまな介護事務講座の違いと選ぶポイント』を解説し、

後半では『介護事務の勉強はユーキャンvsキャリカレvsたのまなどれが良い?』を紹介するので、参考にしてくださいね!

介護事務士
資格取得の近道

ユーキャンvsキャリカレvsたのまな介護事務講座の違いと選ぶポイント

3つの講座の違いを比較表で紹介しますね。

  料金 分割 勉強方法 質問サポート 延長サポート 就職支援 メリット デメリット
ユーキャン 39,000円(税込) テキスト 添削サポート 1日3回まで 6ヶ月 ガイドが貰える テキストが解りやすい 料金が高い
キャリカレ 31,900円(税込)ネット テキスト 動画講義 無制限 12ヶ月 メンタルケアを学べる パソコンとプリンターがないと不便
たのまな 35,000円(税込) テキスト DVD コンピュータ 無制限 8ヶ月 コンピュータスキルも身に付く 白黒テキストで見にくい
スクロールできます→

ユーキャンvsキャリカレvsたのまなは通信講座なので、自宅に居ながら学ぶことが出来ますよ。

講座を選ぶポイントを紹介しますね!

料金で選ぶ

  料金 分割
ユーキャン 39,000円(税込) 3,300円✖12回(12ヶ月)
キャリカレ 31,900円(税込)ネット 月々✖24回
たのまな 35,000円(税込) 教育ローン10回払い
スクロールできます→

料金で選ぶのであれば、ネット申込からキャリカレです。

どの資格取得を目指すかで選ぶ

どの介護事務の資格取得を目指すのかが決まっている場合は、その試験対策を行っている介護事務講座を受講した方が良いですよ。

私、個人的な意見にはなりますが、ユーキャンで、介護事務認定実務者の資格取得をおすすめします。

その理由は、この中だと、介護事務認定実務者が一番認知度が高いと感じるから。

tomeoffice

あくまでも個人的な意見ですのでご了承ください。

勉強方法とサポートで選ぶ

  テキスト 動画講義 コンピュータ学習 質問 添削 在籍期間
ユーキャン 副教材カラー なし なし 1日3回 3回 6ヶ月
キャリカレ カラー スマホ なし 無制限 3回 12ヶ月
たのまな 白黒 DVD あり 無制限 5回 8ヶ月
スクロールできます→

テキストで選ぶのであれば、ユーキャンです。3つの中で一番テキストが見やすく勉強しやすいですよ!

スマホを使って勉強をしたいのであれば、キャリカレですね。スキマ時間を使って移動中も勉強が出来ます。

介護事務のコンピュータスキルを学びたいのであれば、たのまなです。自宅のPCにDVDを入れると、PCスキルの勉強が出来るので、PCスキルに不安な方向けですね。

tomeoffice

勉強方法で選ぶのであれば、たのまなです。

その理由は、介護事務コンピュータをもとに教育用に開発されたソフトを自宅に居ながら勉強できるから。

実際に働くことになった時に戸惑いが少なくてすみますよ。

就職支援で選ぶ

  就職支援
ユーキャン ガイドが貰える
キャリカレ 職務経歴書アドバイス
たのまな アドバイザーがサポート
スクロールできます→

ユーキャンは、履歴書の書き方から面接時のアドバイスまで、就職活動のノウハウが詰まった「就職ガイド」を貰えたり、大手派遣会社への登録の案内もありますが、就職の相談はしていません。その為、就職活動は、自分で行わなければならないですね。

キャリカレは、就職支援が充実していて、求人情報の紹介や職務経歴書の書き方から、面接のコツまで詳しくアドバイスが貰え、100%保証するものではないが就職相談にはのってくれます

一方、たのまなは、全国にアドバイザーが居て、万全の就転職をサポートしてくれます!また、ヒューマンアカデミーは人材紹介・派遣業を行っているヒューマンリソシアがあり、多くの業界求人が集まっていますので、登録しておけば、ぴったりの求人を紹介してもらえる可能性もありますよ。

tomeoffice

就職支援を望むので、あれば、キャリカレたのまながおすすめです。

メリットデメリットで選ぶ

  メリット デメリット
ユーキャン テキストが解りやすい 料金が高い
キャリカレ メンタルケアを学べる パソコンとプリンターがないと不便
たのまな コンピュータスキルも身に付く 白黒テキストで見にくい
スクロールできます→

料金が他の通信講座より高いですが、テキストが見やすく充実していて勉強しやすいのがユーキャンの特徴です!実際に勉強を続けるのに見やすいテキストだと勉強が捗りますよ。

キャリカレ、自分で印刷をしなけらばならない表があるので、パソコンとプリンターがないと不便ですが、料金が他の通信講座より安いですし、メンタルケアも学べるので、少しでも安く学びたい方向けですね。

介護事務コンピュータを学びたいのであれば、たのまなです。PCが自宅にあるのであればDVDソフトで勉強が出来ますよ。ただ、テキスト白黒なので、自分でカラーにするなど工夫をしないと覚えにくいかもしれません。

お得な情報を確認してから選ぶ

期間限定でキャンペーンをしていて、『今なら〇%割引中です!』というようなこともあるので、少しでも安く受講したい場合は、キャンペーン情報を調べてみるのも良いですよ。

ユーキャンの介護事務講座は、期間限定で最大5000円割引を行っていることもあります。

また、キャリカレ介護事務講座は、ネットから申し込みで1万円割引で、一番お得ですね。

それぞれ、目指せる介護事務の試験内容を紹介しますね!

ユーキャンで目指せる介護事務認定実務者はどんな試験内容?

引用元:全国医療福祉教育協会

介護事務認定実務者試験は、介護事務に関する知識技能を客観的に判断する試験

合格すると【介護事務認定実務者®】の称号を得られる

主催 全国医療福祉教育協会

受験資格

特になし

試験内容

☑学科試験(マークシート形式20問)介護保険制度に関する知識、介護給付に関する知識、介護報酬算定に関する知識、介護給付費明細書に関する知識

☑実技試験(マークシート形式で介護給付費明細書作成(居宅1例、施設1例))

実施時期

☑在宅試験は毎月開催

☑会場試験は実施する認定機関が試験日を決定

試験会場

☑一般受験と認定通信受講生は在宅試験

☑認定通学受講生は会場試験

持ち込み

電卓を除く、電子機器(パソコン・電子手帳など)は持込不可

それ以外の資料(点数表、テキスト、ノートなど)の持込はすべて可能

試験時間 90分

合格率

60-80%

難易度

 
合格基準 正答率6割以上を合格 問題の難易度等により変動する場合があり
受験料

☑一般受験(一般):5,500円(税込)

☑団体受験(認定機関の通信、通学受講生):5,000円(税込)

講座 ユーキャンの介護事務講座
受講料 通信39,000円(税込)
受講期間 3ヶ月(学習開始から6ヶ月まで指導)
スクロール➡
ユーキャン介護事務講座の特徴
  • 介護事務認定実務者試験が目指せるカリキュラム
  • 自宅学習で介護事務認定実務者試験を在宅受験可能
  • オリジナルテキストで見やすい
  • 分割払い月々3,300円✖12回(税込・送料込み)可能
  • 教育訓練給付金制度対象講座
  • 質問1日3回まで・添削3回
  • 2017~2021年の5年間で約31,000人受講実績
  • 就職ガイドが貰える

tomeoffice

ユーキャンの介護事務講座のおすすめポイントは、オリジナルテキストで見やすいところ、テキスト重視の方は詳細をチェック!

キャリカレで目指せる介護事務資格はどんな試験内容?

引用元:一般財団法人 日本能力開発推進協会

介護事務資格は、介護報酬請求業務、ケアマネージャーのサポート、利用者や家族へのメンタルケア、事業所スタッフのメンタルサポートなどに関する職業能力が備わっていることの証明。

合格者には『介護事務資格』の称号を得られる

主催 一般財団法人 日本能力開発推進協会

受験資格

 当協会指定の認定教育機関のカリキュラム修了者で、カリキュラム開始後から1年以内に受験する者。

(認定教育機関において2014年5月1日から所定の履修を開始された方が対象となります。)

試験内容

☑介護保険制度の概要

☑介護に関する基礎知識

☑要介護者やその家族のメンタルケア

☑介護現場のスタッフのメンタルケア

☑介護報酬請求事務の実技

実施時期 カリキュラム修了後、随時受験可能
試験会場 認定講座は、在宅試験が可能
合格基準 得点率70%以上
受験料 5,600円(税込)
講座 キャリカレ介護事務の通信講座
受講料 通信ネット申込31,900円(税込)
受講期間 3ヶ月(最長12ヶ月)
スクロール➡
キャリカレ介護事務講座の特徴
  • 介護事務資格が目指せるカリキュラム
  • 自宅学習で介護事務資格を在宅受験可能
  • テキストとスマホを連動した映像講義
  • メンタルケアが勉強できる
  • インターネット申込割引あり
  • 分割払い✖24回可能
  • マンツーマンできめ細かなサポート
  • 就職・転職サポートあり

tomeoffice

キャリカレ介護事務講座のおすすめポイントは、テキストの「スマホをかざして動画再生」をして、テキストを見ながら映像講義を受講できるところ。

気になる方は、詳細をチェック!

たのまなで目指せる介護事務士はどんな試験内容?

引用元:たのまな介護保険請求事務講座

介護事務士は、たのまな介護保険請求事務講座のカリキュラム受講が必要。

自宅のパソコンにDVDをインストールして、介護保険請求事務ソフト「快悟郎II」を使って勉強

カリキュラムを修了すると『介護事務士』の資格申請が可能。

主催 全国医療福祉教育協会

受験資格

カリキュラムを修了した人

試験内容

☑介護保険制度成立の背景

☑介護保険制度の基本構成

☑給付管理業務

☑介護報酬の原則

☑介護報酬算定のポイント

☑介護給付費明細書の作成方法

☑介護報酬請求事務ソフトをしようした学習

☑介護保険演習問題

☑実力診断テスト1~4

☑修了認定試験

受験料

実力診断テスト4回が合格基準に達していて、

その後修了試験に合格した後、申請3,000円を行うと『介護事務士』の資格証が授与される

講座 たのまな介護保険請求事務講座
受講料 通信35,000円(税込)
受講期間 4ヶ月(在籍8ヶ月)
コンピュータ あり。介護保険請求事務ソフトが含まれている
スクロール➡
たのまな介護保険請求事務講座の特徴
  • 自宅学習で添削5回に合格すると「介護事務士」の資格取得ができる
  • 介護事務コンピュータ「快悟朗II」が学べる
  • 実践的プログラムになっている
  • 受講料は安め
  • DVDとテキスト学習
  • 質問無制限
  • アドバイザーが就転職をサポートしてくれる

tomeoffice

たのまな介護保険請求事務講座のおすすめポイントは『介護保険請求事務ソフト』を使って自宅で勉強出来るところ!

気になる方は、詳細をチェック!

介護事務の勉強はユーキャンvsキャリカレvsたのまなどれが良い?

総合的に表にまとめてみました!

  料金 テキスト 動画講義 コンピュータ学習 質問 就職支援
ユーキャン 高い 充実 なし なし 1日3回 ガイドのみ
キャリカレ 安い 普通 スマホ なし 無制限 あり
たのまな 普通 白黒 DVD あり 無制限 あり
スクロールできます→

テキストで選ぶならユーキャン

実際に勉強を進める上で大切なのは、解りやすく見やすいテキスト!

ユーキャンメインのテキストは2冊なので、要点が絞ってあって見やすいですし、副教材の介護サービスや制度の図解もカラーで見やすく、覚えやすいように工夫されていますので、テキスト重視の方は、ユーキャンおすすめです

ただ、料金が少し他の通信講座より高いので、割引キャンペーンを行っている時期に申し込みをすると少しお得に受講できるのでチェックしてから検討してみよう!

料金・サポートで選ぶならキャリカレ

少しでも安く学びたいのであれば、キャリカレ

ネット申込を行うと1万円割引になるので、お得で、質問サポートや就職支援も充実しているので、一人で勉強をするのが不安な方や、就職活動が不安な方は、サービスが分厚いキャリカレを検討してみよう!

介護事務コンピュータで選ぶならたのまな

コンピュータスキルが不安な方は、たのまながおすすめです。

自宅になるPCにソフトを入れて、勉強できるので、実際にPC操作を自宅に居ながら学習できます。

ただ、テキストは白黒なので、他の通信講座よりかは見にくいかもしれません。

また、質問サポートも就職支援も充実しているので、テキスト重視でないのであれば、検討してみよう!

まとめ

ユーキャンvsキャリカレvsたのまな介護事務講座の比較を紹介しました。

私のおすすめの介護事務通信講座は『たのまな介護保険請求事務講座です。

気になる方はチェックしてみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です