日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の受講料や教材の特徴や評判を紹介

tomeoffice

医療事務歴約20年、元医療事務です。(そのうち調剤薬局事務歴約4年)

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事は、日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の特徴や評判が気になる方向けへ疑問を解消します。

記事の前半では『日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の特徴は?』を解説し、

後半では『日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の評判は良いの?』を紹介するので、参考にしてくださいね!

注目

※わずか3日で、調剤薬局事務検定試験の資格取得が目指せる調剤薬局事務講座は、日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通学】です。

興味がある方は、無料資料請求をして比較検討してみよう!

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の特徴

引用元:日本医療事務協会

目指せる資格 調剤薬局事務検定試験
受講料

通学41,800円(税込)

通信32,780円(税込)

コンピュータ あり。通信11,000円(税込)
標準学習期間

通学➡全15時間・3時間×1日間と6時間✖2日(平日または土日)

通信➡最短1ヶ月・約3ヶ月

就職支援 あり
スクロール➡

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の特徴を6つ紹介しますね。

1つずつ解説していきます。

受講料は普通

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座 の受講料と、他社の比較をしてみると「32,780円」で、普通の料金です。

調剤薬局事務講座 受講料
キャリカレ 26,400円(税込)ネット申込
ソラスト 29,800円(税込)
日本医療事務協会 32,780円(税込)
たのまな 34,000円(税込) 
ニチイ 36,667円(税込)
ユーキャン 39,000円(税込)
スクロール➡

どの資格取得を目指すかによって、料金が変わってきます。

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通学】は、わずか3日で、調剤薬局事務検定試験の資格取得が目指せる為、興味がある方はチェック!

無料資料請求

通学講座と通信講座がある

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通学】【通信】があり、自分のライフスタイルに合わせて受講することが出来ますよ。

また【通信】は、受講期間は1年間あるので、ゆっくり勉強したい方にも向いていて、調剤薬局事務検定試験を自宅で受験することが出来るのも魅力的ですね。

短期間で資格取得が目指せる

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通学】は最短3日間で受講ができ、【通信】は最短1ヶ月で受講ができるので、短期間で資格取得が目指せるカリキュラムになっていますよ。

その為、少しでも早く資格取得をしたい方向けの講座です。

合格率82.0%(2022年実績)

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座 は、合格率が92.0%(2022年実績)と高めです。

そして、講座で使用した教材やご自身のノートを見ながら受験することができ、暗記の必要はないので、受験しやすいですよ。

コンピュータ講座あり

処方箋の入力やレセプト作成も、調剤薬局事務の仕事はパソコン操作が基本です。

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座は、+11,000円(税込)でコンピュータスキルを身に付くことが出来ますよ。

就職・転職サポートも充実

日本医療事務協会の就職支援部があり、履歴書の添削から面接まで就職活動をトータルサポートしてくれるので、就職・転職サポートを希望の方は、受講を検討してみよう!

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通学】は、わずか3日で、調剤薬局事務検定試験の資格取得が目指せる為、興味がある方はチェック!

無料資料請求

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座のデメリット

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の特徴やメリットを理解したら、デメリットも理解しておきましょう!

1つずつ解説していきます。

白黒テキスト

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座は、白黒テキストなので、見やすいカラーテキストが希望な方は不向きですね。

その為、テキスト重視で勉強したい方は、ユーキャンの調剤薬局事務講座がおすすめです。

カラーでイラストや図解が豊富で、わかりやすいテキストなので、重要なところは色塗りされていて、見慣れない薬も分類してあるので、覚えやすいですよ。

tomeoffice

テキスト重視でじっくり勉強したい方は、ユーキャンを検討してみよう!

動画学習はなし

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座は、テキスト学習の為、動画学習はありません。。

なので、eランニング学習を行いたい場合は、たのまな調剤薬局事務講座がおすすめです。

スタートアップガイドで学習の進め方を把握して、eラーニングにログインし、1章から学習を始めていき、質問ルームで質問も出来ますよ。

しかし、テキスト学習は出来ないので、テキスト学習したい方には不向き。

調剤事務管理士や調剤報酬請求事務専門士の資格取得は難しい

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通信】は、修了後「調剤薬局事務検定試験」を自宅で受験することが出来ます。

しかし、調剤薬局事務の資格で認知度の高い「調剤事務管理士」や「調剤報酬請求事務専門士」の資格取得を目指すのは、カリキュラムが違うため、難しいです。

調剤事務管理士を目指したいのであれば「ソラスト」、調剤報酬請求事務専門士を目指したいのであれば「eランニングの受講を検討しよう!

また、他の資格取得を目指すのであれば、他社の調剤薬局事務講座の受講を検討した方が良いですよ!

目指せる調剤薬局事務の資格はどれ?

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通学】は、調剤薬局事務検定試験」の資格取得を目指すカリキュラムになっています。

引用元:日本医療事務協会

主催 日本医療事務協会

受験資格

☑日本医療事務協会が認定する団体の講座の受講者

☑受験申請のあった高校・専門学校・短期大学・大学等

☑受験申請のあった一般受験申込み者

試験内容

☑学科試験/調剤報酬算定に関わる基礎知識(マークシート方式)

☑実技試験/調剤報酬の算定及び調剤報酬明細書作成(マークシート方式)

実施時期 詳しくはお問合せ下さい
試験会場

会場試験

通信は在宅試験

持ち込み 持ち込み可能
試験時間 90分

合格率

80%前後

難易度

 
合格基準 学科・実技それぞれにおいて正答率6割以上で、問題の難易度等による変動有。
受験料

一般受験料は5,500円(税込)

団体受験料は4,950円(税込)

スクロール➡

合格率はどれくらい?

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座を受講し、資格取得の合格率は、合格率92.0%(2022年実績)です。

協会に記載されている合格率は、80%前後ですので、日本医療事務協会を受講した方が、合格率は少し高いですね。

その為、実績がある講座なので、信頼性はあると言えますよ。

tomeoffice

その為、確実に調剤薬局事務の資格取得を目指し、就職をしたい方向けだと思います。

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通学】は、わずか3日で、調剤薬局事務検定試験の資格取得が目指せる為、興味がある方はチェック!

無料資料請求

教材の特徴を知りたい!

引用元:日本医療事務協会

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座教材は

  1. オリジナルテキスト
  2. 処方箋問題
  3. 処方箋解答集
  4. レセプトセット

日本医療事務協会のオリジナルテキストなので、要点がまとめられて、資格試験時に持ち込みができ、学習しやすいですよ。

tomeoffice

独学で勉強をするよりかは、 日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の受講をすると、短期間で学習ができ、資格取得への近道ですね。

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通学】は、わずか3日で、調剤薬局事務検定試験の資格取得が目指せる為、興味がある方はチェック!

無料資料請求

受講に向いている人

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の受講に向いている人を紹介します!

  1. コンピュータ講座も学びたい人
  2. 通学で学びたい人
  3. 資格試験が合格率の講座を受講したい人
  4. 就職サポートを受けたい人

調剤薬局事務の基礎知識、コンピュータスキルも学びたい方は、日本医療事務協会の調剤薬局事務講座はおすすめです。

日本医療事務協会は、就職サポートも充実しているので、資格取得後の就職先を気にしている場合は、受講を検討してみよう!

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通学】は、わずか3日で、調剤薬局事務検定試験の資格取得が目指せる為、興味がある方はチェック!

無料資料請求

受講に向いていない人

反対に、日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の受講に向いていない人も紹介しますね。

  1. カラーテキストで学習をしたい人
  2. 映像解説で学びたい人
  3. 調剤事務管理士や調剤報酬請求事務専門士の資格取得を目指したい人

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の残念な点は、白黒テキスト学習で、DVDなどの映像解説はないので、カラーテキストや映像学習をしたい方には不向きですね。

そして、調剤薬局事務検定試験の資格取得を目指すカリキュラムになっているので、認知度の高い「調剤事務管理士」や「調剤報酬請求事務専門士」の資格取得を目指すのであれば、他社の調剤薬局事務講座を受講した方が資格取得への近道ですよ。

tomeoffice

しかし、調剤薬局事務検定試験の資格取得を確実に短期間で目指したい方、日本医療事務協会の調剤薬局事務講座はおすすめです!

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の評判は良いの?

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の口コミを紹介しますね。

引用元:日本医療事務協会

スクール選びのポイントは、短期間で資格が取れることと受講料が他のスクールよりも安かったこと。

「実務でも役立つ講座」というのが一番の印象ですね。

引用元:日本医療事務協会受講生

授業では、先生が調剤薬局の現場ではどんなやり取りがあるのかなどのエピソードを交えてお話ししてくださったので、仕事のイメージがしやすくどんどん興味がわいてきました。

授業中も授業の後も、質問にはとても丁寧に対応してくださったので、疑問点をその日のうちに解決できた点も良かったです。

引用元:日本医療事務協会受講生

実際に仕事に就いた時に、役に立つことが学べる講座ですね。

tomeoffice

まとめ

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の特徴

  • 受講料は普通
  • 通学講座と通信講座がある
  • 短期間で資格取得が目指せる
  • 合格率92.0%(2022年実績)
  • コンピュータ講座あり
  • 就職・転職サポートも充実

デメリット

  • 白黒テキスト
  • 動画学習はなし
  • 調剤事務管理士や調剤報酬請求事務専門士の資格取得は難しい

デメリットを理解しておけば、短期間で資格取得が目指せますよ。

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座は、コンピュータスキルや就職サポートが希望の方向けです。

注目

調剤薬局事務検定試験の受験するには、日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通学】を受講した方が受験しやすいです。

 

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座【通学】は、わずか3日(15時間)の受講で調剤事務に必要な「医療保険と薬の知識」「調剤料の算定方法」を学ぶことが出来ます。

 

また、講義を聞きながら重要ポイントが記載された「算定ノート」に書き込みを行い、オリジナルのテキストを作るので、ポイントがつかみやすく集中できますよ。

 

興味がある方は、無料資料請求をして比較検討してみよう!

無料資料請求

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です