ドクターズクラークとは?受験資格や合格率と履歴書の書き方

tomeoffice

医療事務歴約20年、アラフォー1児のママで、元医療事務です。

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

医師事務作業補助者とは、医師が行う業務のうち事務的な業務をサポートする者で、診断書や診療情報提供書の作成の代行、カルテの代行入力、行政の対応など、医師の事務作業を代行し、診療報酬で医師事務作業補助者の配置が評価されています。

また、医師事務作業補助技能認定試験と呼ばれる場合と、ドクターズクラークと呼ばれる場合がありが、『医師事務作業補助技能認定試験=ドクターズクラーク』同じです。

この記事は、ドクターズクラークの受験を考えていて、どう勉強したら良いのか?

他の医師事務作業補助者の資格との違いを知りたい方、資格取得後の履歴書の書き方がわからないなど、ドクターズクラークに関する疑問を解決します。

記事の前半では『ドクターズクラークとは?受験資格と合格率』や『勉強方法』を解説し、

後半では『ドクターズクラークの資格取得後の履歴書の書き方』するので、参考にしてくださいね!

この記事を読み終えることで、ドクターズクラークに関する悩みが減ると思いますよ!

ドクターズクラークとは?

引用元:一般財団法人 日本医療教育財団

医師事務作業補助技能認定試験は、医師事務作業補助業務に従事する者の有する知識および技能の程度を評価・認定することにより、医師事務作業補助職の職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的

診療録や医療文書の記載等、医師が行う事務作業を補助する業務に関する職業能力を評価の対象。

主催 一般財団法人 日本医療教育財団

受験資格

いずれか1つに該当する者

☑教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により定める「医師事務作業補助技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者

☑医療機関等において医師事務作業補助職として6ヶ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)の実務経験を有する者

☑認定委員会が前各号と同等と認める者

試験内容

☑学科試験(医師事務作業補助基礎知識で、筆記(択一式)25問

「医療関連法規」「医療保障制度」「医学一般」「薬学一般」「医療と診療録」「医師事務作業補助業務」「病院管理」)

☑実技試験は(医療文書作成で、筆記(記述式)4問)

実施時期 年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月)奇数月
試験会場 在宅試験
持ち込み 参考書やノートの持ち込みが可能

合格率

50-60%

難易度

 
合格基準 学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上を合格
受験料 9,200円(税込)
講座 ニチイのメディカルドクターズクラーク講座【一般コース】
受講料 通学+通信175,134円(税込)
受講期間 4ヶ月(最長8ヶ月までサポート)
スクロール➡

医師事務作業補助技能認定試験に合格すると得すると【ドクターズクラーク®】の称号が得られます。

学科試験は、医師事務作業補助基礎知識で、「医療関連法規」「医療保障制度」「医学一般」「薬学一般」「医療と診療録」「医師事務作業補助業務」「病院管理」が、筆記択一式で25問が出題されます。

実技試験は、医療文書作成で、筆記の記述式が4問出題され、学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上を合格基準です。

その為、 他の医師事務作業補助者の資格より、実技試験の問題が多く、難易度も高めなので、相当勉強が必要になる為、講座を受講した方が資格取得への近道ですよ。

試験対策を行っている講座は、ニチイのメディカルドクターズクラーク講座【一般コース】です。

ニチイは、資格試験も在宅受験ができ、医療事務の資格【メディカルクラーク®】と医師事務作業補助者の資格【ドクターズクラーク®】の資格取得を目指す講座で、ドクターズクラークになるには、メディカルクラークの知識も必要になりますよ。

資格取得することでのメリット

医師事務作業補助者の資格は、どれも民間資格ですが、資格取得をすることでのメリットは、もちろんあります。

ドクターズクラークは『医師の事務作業を代行できる専門的な知識やスキルを持つことの証明できるところ

その為、就職に有利なことも多く、スキルを取得しているので、実際に仕事で働き始めた時にステップアップしやすくなりますよ。

次は、ドクターズクラークの資格取得をする為の勉強方法を紹介しますね。

ドクターズクラークの勉強方法

ドクターズクラークは、参考書やノートの持ち込みが可能です。

ただ、参考書を持ち込めますが、調べるのに時間がかかると試験時間がドンドン過ぎてしまいますので、持ち込む参考書も調べやすいように付箋をつけるなど工夫がをしましょう!

また、ドクターズクラークの受験資格は、「医師事務作業補助技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者か、医療機関等において医師事務作業補助職として6ヶ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)の実務経験を有する者なので、受験資格を得る勉強方法を選択する必要がありますよ。

実際に、医師事務作業補助技能認定試験の勉強方法を紹介しますね!

受験資格に関する教育訓練ガイドラインの講座を受講して勉強する

ドクターズクラーク対策を行っているのは、ニチイのメディカルドクターズクラーク講座【一般コース】です。

ニチイは、メディカルクラークとドクターズクラークの資格取得を目指す講座で、ドクターズクラークの資格取得を目指すには、メディカルクラークの知識も必要になりますよ。

また、ニチイは、試験対策や、資格取得後の就職のサポートも行っているので、心強いですよね。

実務経験をして独学で勉強をする

医師事務作業補助職として、6ヶ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)の実務経験がある場合は、独学で勉強をして受験をすることも出来ますよ。

その際、受験申込時に実務経験証明書の添付が必要になりますね。

実際、ニチイのまなびネットで、技能認定試験問題集は購入することが出来ますよ。

また、市販で売られている医師事務作業補助のテキストを購入して勉強することも可能です。

初めに、問題集を1冊使いやすいのを選んで、同じ問題を何度も解いてみて、それでも理解が出来ないのであれば、ニチイの受講を検討した方が、資格取得への近道ですよ。

他の医師事務作業補助者の資格との違い

ドクターズクラーク以外に、他の医師事務作業補助者の資格取得を目指そうか?悩んで居られる方も多いと思いますので、

ドクターズクラークと他の医師事務作業補助者の資格の違いを紹介しますね!

別記事になっていますので参考になれば嬉しいです。

【ドクターズクラーク®】の資格取得後の履歴書の書き方

医師事務作業補助技能認定試験【ドクターズクラーク®】の資格取得をした場合、履歴書に記載し、アピールすることが可能です。

履歴書に資格を書く場合は、略称ではなく、正式名称と日付を記載します。

令和〇〇年〇〇月〇〇日 ドクターズクラーク(医師事務作業補助技能認定試験) 合格(主催・一般財団法人 日本医療教育財団)

ドクターズクラークは、国家資格ではなく、民間資格です。

ドクターズクラークは認知度も高いですが、中には知らない面接官も居られると思いますので、主催は出来たら記載した方が相手に伝わりますよ。

また、履歴書の書き方に不安を感じたり、書類選考に通らなくて悩んでいる方は、転職エージェントの利用をお勧めします。

無料で、書類審査が通りやすい履歴書や面接のアドバイスを貰えますよ。

3分で完了!無料転職サポート申し込み

まとめ:メディカルドクターズクラーク講座で受験対策も出来る!

上記で紹介した『ドクターズクラークの勉強方法』を実践していただくと資格取得への近道。

『ドクターズクラークの資格取得後の履歴書の書き方』を実践していただくと、履歴書に医師事務作業補助者の資格取得を正式名称で書くことが出来ると思います。

  1. 医師事務作業補助技能認定試験【ドクターズクラーク®】の受験資格は、教育訓練ガイドラインを履修した者か、医療機関等で医師実務作業職として6ヶ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修)の実務経験を行っていないと受験が出来ません。
  2. 実務経験がない場合は、ニチイのメディカルドクターズクラーク講座【一般コース】を受講を検討した方が資格取得への近道
  3. ドクターズクラークの資格取得後の履歴書に記載する時は、略称ではなく、正式名称で記載する
  4. 履歴書の記載に不安を感じたり、書類選考が通らず悩んでいる場合は、転職サイトを検討しよう

資格取得への近道は、講座を受講して勉強することです。

また、講座を受講することで就職支援のサポートも行ってくれるので、資格取得後の転職就職活動の不安も少なくてすみますね。

無料資料請求

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です